MENU
テリオス
古代ギリシャ語で〈願いを叶える〉を意味する TERIOS をハンドルネームに冠し、マネタイズに関する有益な情報を発信するサイト『TERIOSNET−MONETIZE』を2024年1月から運営しています。
マネタイズについて、管理人テリオスが実践・経験して培ったノウハウを、初心者の方でも分かりやすいように、講義形式で情報発信しています。
当サイトは【 SWELL 】で作成しています 導入はこちら

WordPressの重要設定~プロフィールの設定

情報発信者としての自分を知ってもらう意味でも、自身のプロフィールを公開することは、読者との距離を縮めます。
独自のアイコンやアピール文など、随所に工夫をこらしたプロフィール作成について解説します。

テリオス

テリオス(@TERIOS_INFO)が解説させていただきますね。

記事を読んで分かること =【 結論 】
  • SWELLで表示できるプロフィールの種類
  • 各プロフィールの設定方法
目次

SWELLで表示できるプロフィール

SWELLでは標準機能として、以下の3種類のプロフィールを表示することができます。

これらのエリアにブログ・サイト運営者のオリジナルアイコンや簡単なプロフィール文を設定して表示させることができます。

プロフィールウィジェット

プロフィールウィジェットは名前のとおり、ウィジェットエリアに配置できるアイテムです。

例えば、当サイトでは下の画像のように(パソコン版では)サイドバーに設置しています。

プロフィールウィジェット

著者情報エリア(この記事を書いた人)

著者情報エリア(この記事を書いた人)はページ下部、記事の最後に表示されている、下の画像のようなエリアです。

著者情報エリア(この記事を書いた人)

著者アーカイブページ

著者アーカイブページは、著者ごとに記事の一覧が表示されるページで、その上部にはプロフィールが表示されます。

ちなみに、著者アーカイブページは初期状態では、以下のURLでアクセスできます。

https://ドメイン/author/ユーザー名

プロフィールウィジェットの設定方法

プロフィールウィジェットについては、以下のSWELL公式マニュアルに詳しくまとめられているので、そちらをご確認ください。

実際の反映は、少し先のステップですがこちら

著者情報エリアの設定方法

著者情報エリア(この記事を書いた人)に表示される内容は、WordPressの管理画面のサイドバーで、ユーザープロフィールとクリックし表示される「プロフィール情報」が反映されます。

総括

結論 & まとめ

プロフィールは自身をアピールする場とともに、個性を主張できる場でもあります。
工夫をこらし差別化を図ることで、あなたのブログ・サイトがより引き立つことでしょう。

テリオス

本記事が、あなたのお役に立てたのなら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

57歳Web職人#SWELLマニア

目次