MENU
テリオス
古代ギリシャ語で〈願いを叶える〉を意味する TERIOS をハンドルネームに冠し、マネタイズに関する有益な情報を発信するサイト『TERIOSNET−MONETIZE』を2024年1月から運営しています。
マネタイズについて、管理人テリオスが実践・経験して培ったノウハウを、初心者の方でも分かりやすいように、講義形式で情報発信しています。
当サイトは【 SWELL 】で作成しています 導入はこちら

WordPressの重要設定~パーマリンクの設定

WordPressでのパーマリンク設定は、記事作成前に行うべき事のひとつです。
なぜなら、記事作成後に変更すると、読者がアクセスできなくなるからです。
設定自体は簡単なので、早めに済ませてしまいましょう。

テリオス

テリオス(@TERIOS_INFO)が解説させていただきますね。

記事を読んで分かること =【 結論 】
  • パーマリンクのおススメの設定方法
目次

パーマリンクとは?

パーマリンクとは、1つ1つの記事に付けられているリンク名(サイトアドレス)のことです。

パーマリンクはパーマネント・リンク(Permanent Link:永続的なリンク)の略で、文字通り永続的に使用するリンク名(途中で変えてはいけないもの)になります。

パーマリンク名の付け方は、以下の推奨・非推奨設定を参考にしていただければと思います。

推奨設定

〇 https://サイト名/投稿名/

例)https://terios.com/wordpress-install/
例)https://terios.com/swell-customize/

投稿名は各記事ごとに付ける名前です。投稿名には記事の内容がひと目で分かる名前を付けましょう(Google推奨)。Googleクローラーにわかりやすいように英単語を使用します。

非推奨設定

✕ https://サイト名/日付/投稿名/

例)https://teriosnet.com/2022/10/29/swell-customize/

日付を挟むとパーマリンク名がムダに冗長になるので、日付で分類しても意味がありません。

✕ https://サイト名/カテゴリー名/投稿名/

例)https://terios.com/wordpress/wordpress-customize/

カテゴリー名を挟むと、カテゴリー名を変更したり再分類したときに、パーマリンク名が勝手に変更されてしまうため、アクセスエラーが多発してしまいます。

パーマリンク設定手順(テリオス仕様)

ここでは、上記で説明した推奨のパーマリンク設定に、当サイト独自の考え方を加えた独自設定について解説します。

WordPressの管理画面のサイドバーで、設定パーマリンク設定をクリックします。

そして、下のようにカスタム構造をクリックし、/%postname%/%post_id% と入力します。

パーマリンク設定画面

設定が終了したら、最下部の変更を保存 をクリックします。

パーマリンクに記事投稿IDを加える理由

上記の設定でのパーマリンクは、以下のようになります。

https://teriosnet-monetize.com/wordpress-important-setting-permalink/1775

一番最後に記事投稿IDが挿入されます。

これは、内部リンクを貼る際に、ダッシュボードでいちいち確認する手間を省くためで、ここを見るだけですぐに記事投稿IDがわかるようにするためです。

総括

結論 & まとめ

パーマリンクはその名のとおり、永続的に使用するリンク名ですから、途中で変えてしまうと色々と不都合が生じます。
設定は、記事を作成するる前に必ず済ましておきましょう。

テリオス

本記事が、あなたのお役に立てたのなら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

57歳Web職人#SWELLマニア

目次